トイレトレーニングの時期によってオススメ補助便座は違う?

我が家には二人息子がいますが、彼らを見ていて最近気付いたことがあります。

それは、「トイレトレーニングをいつ開始するか?その時期によってベストな補助便座はどうやら違うようだ」ということです。

今回の記事はそんなお話です。

ただ、補助便座の好みはお子さんによって違うとも思うので、あくまで参考程度に読んでいただけると幸いです

スポンサーリンク

2歳半で始めた場合

長男は2歳5か月でトイレトレーニングを始めました。大体2歳半ですね。

その時に購入したのが、こちら。

コンビのおまる~補助便座~ステップとして使えるマルチウェイな商品です。

とはいえ、おまるを掃除する覚悟と気力がなかったため、最初から補助便座とステップとして使うつもりで購入しました。

ですが、これ、長男にはどうも合わなかったようで。

あまり座りたがらず、この補助便座では一度もトイレ成功しませんでした。

座っているところを見ると、前ハンドルにつかまって足をブラブラさせていて、これではお腹に力を入れられないのでは?という感じでした。

また、この補助便座だと太ももが開き気味になりやすく、普通に洋式便座に座る時とは少し足の格好が違うのが気になりました。

そこで、追加で購入したのがこちら。

リッチェルの商品です。ハンドルが前ではなく、両サイドについています。

この便座に座ると足の位置も前にそろえるような形になります。

この補助便座に市販の別のステップを足し、足がステップにつくようにして、大人が普通の洋式便座に座って用を足す時と同じ姿勢で座れるようにしました。

これにしてから、便座に座るのを嫌がらなくなりました。

そして、しばらくして、トイレで用を足せるようになりました。

トイレトレーニングの経過については、トイレトレーニングにトレーニングパンツは必要?我が家の体験談という記事に書いています。

1歳半で始めた場合

私自身は、まだ1歳半の次男にトイレトレーニングをしようと思っていないのですが、最近、長男が次男をトイレに行かせたがります。

「次男くんもトイレの練習しようね!」と言って次男をトイレに連れていくんです。

次男も普段お兄ちゃんがトイレでしているのを見ているので、トイレに興味はあるみたいで楽しそうです。

長男はちゃんとズボンとおむつまで脱がせてあげて、自分の使っているリッチェルの補助便座に座らせるのですが…。

ご機嫌でお兄ちゃんについてきた次男はいざ便座に座ると泣きそうな顔に…!

まだ身体が小さく、お尻も小さい次男は両サイドのみのハンドルで便座に座るのが怖い様子。

そこで、長男が気に入らなかったコンビの補助便座に座らせたところ、こちらは大丈夫そう。

前にあるハンドルにつかまることによって、しっかりと安定して座れるので怖がりません。

また、長男お気に入りのリッチェルのものより穴の部分が若干狭く作られており、それも怖くない理由のようです。

お遊びでお兄ちゃんとトイレに行っているだけなので、まだトイレが成功したことは一度もありませんが、もし1歳半からトイレトレーニングを始めるならこちらの補助便座がいいなと思いました。

それぞれの製品の対象年齢は

コンビの補助便座はおまるとして使用する時は6ヶ月~、補助便座としては1歳6か月~

リッチェルの補助便座は1歳6か月~

となっています。

製品の対象年齢としては、次男はどちらもぴったりのはずなのですが、本人はコンビのほうが好きなようです。

まとめ

我が家の息子たちを見ていて思ったオススメ補助便座は

2歳~なら、リッチェルのような足を前に出して座れるタイプ+足を置けるステップ、

1歳半~なら、いわゆるおまるのような前ハンドルのタイプ

です。

周りのママ友は2歳台でトイレトレーニングを始める人が圧倒的に多く、そういったママ友のお宅でよく見かけるのはうちと同じリッチェルか、下にあるようなステップ付きの便座です。

ほぼすべてのママ友宅がこのどちらかなので、2歳児にはこの二つが使いやすい補助便座なのだと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする